週三日以内の派遣求人

おすすめ

週三日以内で働ける派遣求人情報!週3日以内の仕事が豊富な【人材派遣会社まとめ】

週3日以内の派遣求人が多い人材派遣会社をまとめました!週3日以内の仕事で仕事と家事を両立しませんか?主婦にも人気の週1・週2の募集もありますよ♪派遣求人はこちらをチェック!

週三日以内勤務の派遣のお仕事について

フルタイムで働く余裕はないけれど週三日ぐらいなら働きたいと思っている人の為に、週三日以内勤務の派遣のお仕事について詳しく紹介します。

週三日以内で働くことが出来る派遣の仕事いろいろ

■事務
週三日以内で事務のお仕事をする場合、仕事内容はデータ入力や電話応対など簡単な内容になります。勤務時間は7〜8時間の長時間勤務か、4〜5時間の短時間勤務での募集があります。

■電話オペレーター
コールセンターやテレマーケティングなど主に電話を使ったお仕事です。研修があるので未経験者でも活躍することができます。シフト勤務なので融通が利きやすいのが特徴です。

■WEBデザイン
WEB制作会社やコンテンツ運営企業などで、デザイン・修正・更新など幅広い業務を担当します。WEBデザインの経験が必須で、PhotoshopやIllustratorが使用できること、コーディング実務経験がある人が望まれます。

■介護
有資格者や経験者が望まれますが、未経験者やブランクがある人でも週三日以内の派遣で働くことができます。シフト勤務なので予定の調整もしやすく、時短勤務が可能なお仕事もあります。また夜勤業務に特化した求人もあり、週三日以内の勤務でもしっかり稼ぐことができます。

■受付
大手企業や銀行窓口の勤務になります。シフト勤務や交代制勤務なので希望の勤務日や時間帯に働けるメリットがあります。外資系企業の受付では英語のスキルを活かせます。

■販売
ファッションやコスメなどの商品販売のお仕事も週三日以内勤務の募集が多いです。髪型やネイルなどが自由な派遣先が多いので、ファッションやコスメが好きな人には打って付けのお仕事です。集客の多い土日は休みを取ることが難しく平日休みのシフト勤務が殆どです。土日に働きたい人にはおすすめのお仕事です。

週三日以内勤務の派遣のお仕事は、さまざまな職種で募集しています。実務経験のある職種の求人を検索すると、意外と週三日以内の求人がヒットするので一度検索してみて下さい。

週三日以内で働く派遣スタッフの雇用保険や社会保険について

週三日以内で働く場合、気になるのが雇用保険や社会保険などの保険関係です。週三日以内でも加入の対象になるのか各種保険の加入条件を説明します。

雇用保険

<雇用保険の加入条件>
@65歳以上で新たに雇用された場合、雇用保険の適用にはなりません。(但し、65歳未満で雇用されていた人が65歳になった場合は「高年齢継続被保険者」として適用されます)

A1週間の所定労働時間が20時間以上で、尚且つ雇用される期間が31日以上の場合、雇用保険の適用になります。

年齢が65歳以上であったり31日未満の単発の派遣の仕事に就いたりする場合は、雇用保険に加入することができません。

また、31日以上勤務をする場合でも、1週間の所定労働時間が20時間を超えないと雇用保険に加入できないということです。

雇用保険は保険料が安い割に、失業時や育児・介護での休職時などの保障内容が充実しています。加入するメリットが大きいので、週三日以内で働く場合は勤務時間を考慮するのをおすすめします。

社会保険

<社会保険の加入条件>

@正規で働く社員(正社員)のおおむね4分の3以上の労働時間があること。(1日の所定労働時間がおおむね4分の3以上または、1ヶ月の労働日数がおおむね4分の3以上)

※各派遣会社によって条件を満たす労働時間が異なるので事前に確認しておきましょう。
※平成28年10月1日以降、就業規則や雇用契約書などで定められた所定労働時間や所定労働日数に即して判断を行うことになります。

A一定以上の雇用契約期間があること。(試用期間は長期的勤務を前提としているので最初から社会保険に加入できる)

B平成28年10月1日以降、短時間労働者に対する社会保険の適用が拡大します。
・1週の所定労働時間が20時間以上であること
・雇用期間が継続して1年以上見込まれること
・月額賃金が8.8万円以上であること
・学生でないこと
・常時500人を超える被保険者を使用する企業(特定事業所9に勤めていること

上記5要件全てを満たす労働者は社会保険の被保険者となります。

社会保険料は事業主と折半ですが、それでも毎月の負担は大きいものです。年収130万円未満であれば親や配偶者の健康保険の被扶養者となることが可能です。

保険の加入条件を満たしている場合は年収が130万円未満でも社会保険に加入しなくてはいけません。親や配偶者の被扶養者でいたい場合は、条件を満たさず尚且つ年収を130万円未満に抑える必要があります。

週三日以内で派遣スタッフとして働くメリット、デメリット

フルタイムではなく週三日以内で働く派遣にはどういったメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

○ライフ・ワーク・バランスが取りやすい
家事や育児で多忙な人、趣味など自分のやりたいことがある人には週三日以内の勤務だとライフ・ワーク・バランスが取りやすく無理なく働くことができます。

○自分の能力に合った仕事を選ぶことができる
派遣のお仕事は経験や資格などを元に、自分の能力に合った仕事を選ぶことができます。また、ブランクがあったとしてもブランク可能なお仕事も多く、スキルアップのトレーニングを受けることもできます。

○時給が高い
アルバイトやパートに比べると時給が高いので、週三日以内勤務でも効率よく稼ぐことができます。

○扶養枠以内に収入を収められる
フルタイムで働くと扶養から外れることになり、社会保険の負担や所得税控除がされなくなってしまいます。ですが週三日以内勤務の派遣なら、勤務時間にさえ気をつければ扶養内で働くことができます。

デメリット

×契約期間がある
派遣の仕事は契約期間が設けられています。契約更新が行われれば仕事を継続することができますが、更新されないと契約終了となり次の仕事を新たに探さなくてはいけません。

×交通費・ボーナス・退職金が出ない
派遣先によっては交通費が支給されるところもありますが基本的に交通費は出ません。遠方での勤務は交通費がかかってしまうので注意しなくてはいけません。また、ボーナスや退職金もありません。

×差別的な扱いを受けやすい
正社員からは「直接雇用されない派遣社員」という風に下に見られることがあり、名前ではなく「派遣さん」と呼ばれることがあります。また、パートやアルバイトからは自分たちより時給が高いという理由で距離を置かれることもあるようです。このように差別的な扱いをされ、人間関係に悩む人もいます。

×責任のある仕事ができない
週三日以内の勤務だと責任のある仕事を任されることはほぼありません。キャリアアップを求めている人や仕事にやりがいを得たい人は、週三日以内の勤務よりもフルタイム勤務の方が良さそうです。

週三日以内の勤務なら派遣とアルバイトのどっちがいい?

派遣とアルバイト・パートではさまざまな違いがあります。週三日以内の勤務ならどちらの働き方がいいのでしょうか。

派遣 パート・アルバイト
平均時給 1,632円 977円
交通費 基本的に支給なし 支給(規定による)
雇用期間 契約期間あり 有期雇用ではあるが雇用期間が5年を超えた場合は無期雇用への転換が可能
経験の有無 経験者や有資格者が望ましい 未経験を歓迎している

※平均時給:株式会社リクルートジョブスの調査研究機関「ジョブズリサーチセンター」調査より

社会人経験がない人や実務経験がない人はパート・アルバイトをおすすめします。平均時給は派遣の方が断トツで高いのですが、交通費が出ないことを頭に入れておきましょう。

派遣の時給なら例え交通費を自己負担したとしてもパート・アルバイトより手取りは多いでしょう。但し、契約期間が終われば勤務できないので同じ職場で長期的に働きたい場合はパート・アルバイトをおすすめします。短期間で稼ぐか、長期的に腰を据えて働くかによってどちらがいいのかが変わってきます。

週三日以内勤務の派遣がおすすめの方

■主婦
家事や育児に忙しい主婦には週三日以内の勤務が丁度良いのではないでしょうか。週三日以内勤務の派遣だと、予定の調整がしやすく、子供が幼稚園や学校に行っている間の短時間勤務を選ぶことも可能です。

■勉強で忙しい人
勉強の時間を取るためにフルタイムでは働けないけれど、学費やお小遣いが必要だという人には週三日以内勤務の派遣がおすすめです。仕事と勉強の両立が可能ですし、勉強内容が活かせる職場を選ぶこともできます。

■扶養内で働きたい人
扶養の範囲内で少しでも税金や保険の負担を軽減させたい人には週三日以内勤務の派遣がおすすめです。住民税・所得税・社会保険料には、それぞれに扶養を受けられなくなる年収があります。それらを把握し、勤務日数や勤務時間を考慮した条件を派遣会社に提示するようにしましょう。

週三日以内勤務!おすすめの派遣アルバイト求人サイトランキング

1位、マイナビバイト

全国のアルバイト情報を掲載している求人サイトです。求人数は10万件近くと、アルバイト求人サイトではトップクラスです。週三日以内のアルバイトの求人数も豊富なので、派遣にこだわらない人にはアルバイトの求人サイトもおすすめです。

<マイナビバイトの東京23区の求人数(2016年6月7日時点)>
週3以内のお仕事・・・11,420件
扶養控除内のお仕事・・・1,047件
土・日・祝日のみのお仕事・・・62件

>>マイナビバイトの求人検索サイトのページはこちら

2位、はたらこママ派遣

働く子持ちママや主婦を応援する、ママにターゲットを絞った求人サイトです。子供を持つママの再就職ガイドや支援制度に関するコンテンツも豊富です。

<はたらこママ派遣の東京23区の求人数(2016年6月7日時点)>
週3以内のお仕事・・・1,031件
扶養控除内のお仕事・・・878件
土・日・祝日のみのお仕事・・・260件

>>はたらこママの求人検索サイトのページはこちら

3位、エン派遣

エン派遣は派遣求人以外にも、アルバイト求人サイトも運営しています。エン派遣のサイトからワンクリックで移動できるので、派遣とアルバイト両方から検索したい人には使い勝手の良いサイトです。

<エン派遣の東京23区の求人数(2016年6月7日時点)>
週3〜4日以内のお仕事・・・1,269件
扶養控除内のお仕事・・・1,070件
土・日・祝日のみのお仕事・・・160件

>>エン派遣の求人検索サイトのページはこちら

最後に

週三日以内勤務の派遣は、主に子育てに忙しい主婦に向いている働き方の1つです。家事や育児に忙しい主婦が毎日働くのは本当に大変です。

週三日以内勤務の派遣なら、勤務時間によっては扶養範囲内で働くことも可能ですし、パート・アルバイトに比べると時給も高いので効率よく稼ぐことができます。

最近では主婦が派遣として働くことが増えてきており、派遣会社でも「パートタイム型派遣」として主婦の雇用を促進しています。

ブランクがありフルタイムで働く自信がない人や再就職を検討している人は、ぜひ週三日以内勤務の派遣を利用して社会復帰を目指してみてはいかがでしょうか。

最新のエントリー一覧

金属加工の仕事は大変でした
"世の中にはいろいろな仕事が沢山あります。 しかし、危険な仕事が多いのも事実です...

やっぱりトップセールスマンだった上司は凄かった
"私の上司は結構な大きな会社でトップセールスマンだったバリバリの営業マンで、私の...