週三日以内の派遣求人

おすすめ

週三日以内で働ける派遣求人情報!週3日以内の仕事が豊富な【人材派遣会社まとめ】

週3日以内の派遣求人が多い人材派遣会社をまとめました!週3日以内の仕事で仕事と家事を両立しませんか?主婦にも人気の週1・週2の募集もありますよ♪派遣求人はこちらをチェック!

「派遣」という働き方

"派遣での勤務は、まず短期の接客業から始めました。
サンプルを配る1日だけのものや、受付や試食など数日のものなどです。
それまでは直接店舗に雇用される働き方で仕事をしていましたので、違いに戸惑う事もありました。
まず、派遣会社の方が最初に同行してくれる場合は良いのですが、それがまったくない場合があります。
その時には、従業員出入り口を自分で探しだし、自分の担当する場所まで辿り着かなければなりません。
そして荷物を置く場所、お昼を食べる場所などを自分で確保し、最後に勤務報告書にサインを頂かなければいけないのです。
これは勤務自体よりも非常にコミュニケーション能力を必要とする、大変な事でした。
長期の雇用で働いた事もあります。
その時はデスクワークなどでした。
派遣先の正社員の方と同じ仕事をしていましたが、大企業で社員に対する残業に厳しかったため、
「残業するのは非正規雇用者だけ」という決まりがありました。
時給が発生するので残業する事は構いませんが、時間が多くなるとやはり大変でした。
他にも困ったことがありました。一般的に直接雇用では「辞職は1か月前までの申告」だと思います。
それが派遣の場合は「契約が切れるまで」なので、たとえば契約が3か月更新だった場合、
辞職したい旨を3か月前に言わなければならず、いきなり生活の状況が変わって働けなくなる場合は大変でした。
契約を1か月残した時点で「辞めたい」と申し出ても、「無責任な事をすると他の派遣社員にも迷惑がかかる」
と言って辞めさせてもらえません。
だからと言って「次からは1か月更新にしたい」と言っても受け入れてはもらえなかったので、困りました。
「派遣」という働き方に慣れない部分もありましたが、初めての勤務先へ行く時、
仕事を続けている中で困ったことがあった時など、派遣会社の方にサポートしてもらえる事は心強かったです。"

研究者になりたいです

人と付き合うのが嫌で、研究者になって自分の世界に没頭していたいといった理由で研究者になりたいわけではありません。私には明確に研究者になりたい理由があります。それは、スポーツ科学を研究したいからです。大学では商学部に属していた文系人である私ですが、高校では理数科に通っていました。それでも、商学部に入ったのは、理数系では仕事に就きにくいと考えたからです。数学や理科を学んでいっても就ける仕事があまりイメージできなかったのです。しかし、大学に入ってからその選択は間違っていたと気付かされました。そのきっかけは大学3年になってから始めるようになった野球サークルです。サークルと言っても大学のサークルではなく、地元の草野球チームに加入しました。野球部に入ったことがなかった私ですが、昔から友人と野球をして遊んでいました。チームに入り、試合に出るというのは初めてのことだったのですが、とても楽しかったです。大学3年と、就活を始めなければならない忙しい時期ではありましたが、野球に関する本をたくさん読み、高校では物理を専攻していたため科学的な面から自分で研究するようになりました。これが私がスポーツ科学を研究したいと考えるようになったきっかけです。ですがその時には、私立の大学も3年になってしまい、卒業の単位もほとんど取得してしまっていました。スポーツ科学の研究者を目指すには遅すぎたのです。高校2年の頃に戻って、理数系を続けるようにとアドバイスしてやりたいです。

類は友を呼ぶ

"昨今、ドラッグストアをいう名の薬局が当たり前のようになりました。

しかし、今から20年ほど前にはドラッグストアというものは
ほとんど存在せず、
あるとすれば「マツモトキヨシ」「サンドラッグ」くらいでしょうか。
それ以外は個人経営のいわゆる「薬局」と呼ばれるものが
多くを占めていました。

そんな中、当然「昔ながらの薬局には、昔からの「古狸」という人物が存在するもの。
どこの商売でもそういう方は一人はいらっしゃるのでしょう。

自分が当時働いていたところもそんな昔ながらの薬局。
そこでは「古狸」がはびこっていて
店長よりも「女性の古狸」が権力を持つ…
派閥のようにどんどん味方を作っていくんです。
まずは年齢の近い方から順番に見方をつくるのです。
「ねずみ講」的…というのがしっくりくることばかもしれません。

社長派であれば、表向きにはわらかない「嫌がらせ」を受けます。
正社員もバイトも関係ありません。

「古狸」はどんどん権力をはびこらせて
例えばある大手化粧品会社の化粧品を
常連のお客さんには「古狸」一声で数割引きになるとこなんて毎日のようにありました。

そんな日々の中で自分が
「もう辞めよう」と思ったこと。
正社員が上司から叱られているときに
私の表情が「ざまーみろ!」的な表情に見えたそうです。

そんな表情、作っていないのに言いがかりもいいところですね。

それからも何かにつけて「古狸一派」から嫌がらせを受けました。
決して社長にわらかないようにするし、
私に良くしてくれていた店長でさえ
その「古狸」に言いくるめられて
私に対する対応が冷たくなりました。

できればその薬局の名前を出してしまいたいくらいですが、
近所に「マツモトキヨシ」「サンドラック」ができたから
痛手を嫌ってほどくらっていることでしょう。

私はその後、数か月も経たないうちに
退職しました。
その薬局ではバイトでしたが、
病院の正社員でその「古狸がはびこる薬局を見下す位置」で
仕事をすることになりました。

いえいえ、わざとではないのですよ!
たまたまです。

嫌なことをたくさん乗り越えると
嫌味なことをした人たちは平伏すんだ
ということもよくわかりました。

正社員で仕事するようになって
ちょっとした買い物に「古狸薬局」へ
買い物に行くと
手の平を返したように
「お宅の○○先生にうち薬局を使ってもらえるように
 よろしく伝えてもらえるかしら〜?」

だれがそんな店を紹介すると思っているんでしょうかね?
その薬局がほとんど全員が上記のような
陰湿ないじめや嫌味を言い続けていました。

「人は他人の悪口を言っているときが一番良い顔をする」

と言われた著名人がおりましたが、
まさしくその通りでした。

私はそんなところに染まる前に退職できて良かったと思います。


"

オフキャリアが原因で失敗する会社面接

"会社面接の失敗の理由は、面接慣れしていないことから、人前でどうしても緊張してしまうという点です。面接官から聞かれることは大体分かっているのに、本番になると言いたいことの半分も言えないということは、よくありました。相手の人は、会ったこともない人のわけですから、あがってしまい、失敗したらどうしよう、などとナーバスなことを考えてしまうのです。

「です、ます」調で答えているにもかかわらず、よく考えてみたら、たどたどしい言い回しになっていたり、相手の人に硬い印象を与えてしまった経験のほうが多かったように感じられます。明るく務めようと努力しているつもりでも、逆に空回りしていました。新人の時にありがちで、慣れてもいないのに、背伸びしてしまうのです。若い人がよくしてしまう内容です。

しかし、実際のビジネスになると、そうもいきませんから、近頃の面接は、如何に即戦力として使えるかを重視してきます。少しの失敗も許されないのが、いまどきの面接です。まずは、身だしなみをチェックしてこられますから、清潔さを心がけておくのは常識範囲です。シンプルなものは許されるでしょうが、過剰なオシャレやファッションなどは、もちろん減点されます。

身だしなみで失敗したことはありませんが、面接の最後で椅子をしまう時に、椅子を机にぶつけてしまい、途中までうまくいっていた面接でしたが、結局は不採用になってしまったことがありました。大きな派遣会社でしたので、とても残念でした。"

新入社員同士の恋愛

"短大を卒業して新入社員として入社したての頃、大卒の同じ部署に配属された男の子と
しょっちゅう先輩に飲みに誘われて一緒に飲んでいました。
帰り方向が一緒だったので終電が間に合わなくなったときは車で送ってもらったりしているうちに
仲良くなり、付き合うようになっていきました。

でも、まだお互い社会人になったばかりで、社内恋愛の術みたいのがよくわからず
今まで普通に仲良かったのに会社では恥ずかしくて全然しゃべれなくなり
よそよそしくなってしまいました。

彼は営業で、ノルマを達成するのにとても大変で、私も仕事を覚えるのに
大変でいつも残業ばかりでなかなか連絡も取れなくなってきて
お互いに付き合っているのかよくわからない状態になってきました。

二人とも口が固かったので噂にはなりませんでしたが、
なんとなく、社内恋愛にはリスクもあるのかなと気づき始め、
距離をおくことになってしまいました。
それから約2年間、彼とは同期なのに気まずい思いをしてすれ違うときなども
お互い挨拶もしないような感じでした。
2年後に、同じ部署になり二人で車に乗って仕事する機会が増えて、
どうしても会話をしなくてはいけなくなり普通に接することにしたところ、
お互い昔のことは触れないけど、気が合うというか楽しく話すことができるように
なりました。

もうちょっと、会社に慣れてから彼と付き合っていたら、きっとうまくいっていたと
思います。
とてもいい人だっただけに、早くに付き合ってしまったことに後悔しています。
"

金属加工の仕事は大変でした

"世の中にはいろいろな仕事が沢山あります。
しかし、危険な仕事が多いのも事実です。
私はお金が沢山もらえても怪我をする可能性のある仕事は苦痛だなと感じます。
常に怪我をしないように気を付けていなければいけませんし、怪我をしてしまうとつらいです。

金属を加工する仕事は怪我と隣り合わせでした。
金属を旋盤で削るとどんどん加熱します。そして、うっかりそれに触ってしまうと火傷をしてしまいます。
それはかなり辛い体験でしたね。

金属加工は面白い部分もあるのですが、やはり機械は高速回転をしますのでひと時も気を抜くことができません。
適当に仕事をしていると大けがをしてしまいます。

デスクワークなら失敗をして信用を失うことはあっても、大けがをすることはありません。
しかし、旋盤は怪我のリスクが付きまといます。
正直に言わせてもらいますとデスクワークの2倍は給料をもらうべきだと思っています。
でも、今の日本では大体同じくらいなのですよね。不思議です。

また、毎日計算をしなくてはいけません。計算力を酷使します。
計算をすることが得意であったり好きな人ならばそれでも良いとは思いますけれど、
慣れていない人、苦手な人にとっては辛いのではないでしょうか。

数学以外の勉強ができても数学だけは全くできないという人も多いでしょう。
そしてそれを克服するのはそう簡単ではありません。

そうなので仕事は自分の得意分野をやるべきだと思います。
大変だと思えるから成長するという話もありますが、そう思うなら家で勉強をしたほうがいいです。"

やっぱりトップセールスマンだった上司は凄かった

"私の上司は結構な大きな会社でトップセールスマンだったバリバリの営業マンで、私の会社の社長がヘッドハンティングして私の会社にやってきたのですが、やっぱり凄いなあと思わせるところが多々あります。
最初に驚いた時は、私が失注をしてしまった時でした。
最後までコンペで良い感じで競っていたのですが、私の最後の一押しが足りなかったのか、他社に契約が取られてしまいました。
落ち込んでいる私の横にその上司がやってきて、一言、「担当者の連絡先を教えて。俺が電話してもいいかな?」と言ってきたのです。
私は何を話すのだろうと思ったのですが、教えない理由もないので、先方の担当者の名刺を上司に渡しました。
すると上司はすぐに先方の担当者に電話を入れて、うちの会社が失注した理由を担当者に質していたのでした。
普通は契約に競り負けたら相手の事がむかつきますし、気まずくて先方の担当者に連絡なんてできないものですが、私の上司は「なぜ自分の会社が負けたのか」について、とうとうと担当者に質問をしていました。
そんな様子をみていたら、やっぱりトップセールスマンは違うなあと思ってしまいました。
結局その案件は競り負けましたが、次のコンペでは見事に我が社が落札して、かなり大きな契約を取る事ができました。
営業マンは押しが大事と言いますが、この上司は逃げたい電話からも絶対逃げませんし、全員が苦手と口を揃える取引先でも、どんどんアポを入れて会いにいってしまいます。
私も徐々に上司の手法を学ぶように心がけていますが、やっぱりできる人は凄いなあと思っています。"

最新のエントリー一覧

金属加工の仕事は大変でした
"世の中にはいろいろな仕事が沢山あります。 しかし、危険な仕事が多いのも事実です...

やっぱりトップセールスマンだった上司は凄かった
"私の上司は結構な大きな会社でトップセールスマンだったバリバリの営業マンで、私の...